岡山県総合グラウンド サイトマップ
施設のご紹介 ご利用案内 交通案内 お問い合わせ スケジュール 公共施設予約
ホーム 施設のご紹介 国指定史跡 津島遺跡
施設のご紹介

12 国指定史跡 津島遺跡
特 徴 津島遺跡は、縄文時代後期から近代にいたる複合遺跡で、長い時代にわたる人々の生活の痕跡を示す重要な遺跡である。
特に、弥生時代前期における集落と水田跡の発見は、わが国の本格的な稲作開始期の実態を初めて明らかにした遺跡として評価された。

広さ
67,020平方メートル

占用して使用する場合は手続き、使用料が必要です。
総合グラウンド事務所へご相談ください。
(陸上競技場2階管理課 電話:086−252−5201)
史跡指定
昭和46年1月5日 55,213平方メートル
平成14年12月12日 11,807平方メートル(追加指定)
グラウンド内で行われた主な発掘調査
昭和35〜38年 三角池・ボート池掘削に伴う発掘調査
昭和43〜44年 岡山武道館建設に伴う発掘調査
平成9〜15年 津島遺跡確認調査(グラウンド全域のトレンチ調査)
平成12年 県陸上競技場改修に伴う発掘調査
平成15年 県立体育館建設に伴う発掘調査
発掘調査結果
縄文時代後期〜晩期 土器の出土、弥生時代前期 集落跡と水田跡、弥生時代中期〜後期 集落跡、建築部材、古墳時代 集落跡、古代 条里制伴う東西南北の溝跡中世〜近代 水田跡
国指定史跡 津島遺跡

岡山県総合グラウンド事務所 岡山県岡山市北区いずみ町2-1 陸上競技場2F
Copyright (c) 岡山県総合グラウンド. All rights reserved.