イベント情報

オリンピック聖火リレーの写真パネルを展示しています!

2021.07.14

去る5月19日、20日に岡山県内で東京五輪聖火リレーが実施され、合計167名のランナーが聖火を繋ぎました。

当日の様子を振り返るとともに、7月23日に開会式を迎える東京五輪の成功を祈念して、聖火リレーの写真パネルをジップアリーナエントランスに展示しています。

ランナー167人が区間ごとに集合した場面のほか、ロサンゼルス五輪体操の金銀銅メダリストの森末慎二さん、ロンドン五輪マラソン代表の重友梨佐さん、バンクーバー五輪フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さんらオリンピアンをはじめ、岡山県ゆかりのランナーが笑顔で聖火を手にする様子など、全部で20枚の写真パネルです。

写真の展示は7月14日から東京五輪・パラリンピック閉会までの予定です。

大会、イベント等でジップアリーナが専用使用されている時などを除き、どなたでもご覧いただけます。

新型コロナウイルスの感染急拡大で公道での走行を中止するなど、聖火リレーの内容は大幅に縮小されてしまいましたが、当日の雰囲気を少しでも感じていただける写真展となっておりますので、皆さま是非足を運んでみてください。